Garden

 いろんな薔薇が咲いてるガーデン いつも讃美歌 流れてる

 色とりどりの花があるけど、真ん中にある真紅の薔薇

 敵を愛したイエスの深い愛のしるし 流された血潮で 私たちは赦され

 神の源にある命の水が溢れ すべての国の民が 等しく愛を受けて生きる

 

 Garden 作詞 西雄二、伊藤聡 作曲 伊藤聡  2014.6.6

篠栗キリスト教会の宣教理念

 福音とは、「良い知らせ」です。

イエス様が生き抜いた時代には、厳格なユダヤ教の律法を守り、秩序ある生活をしていたユダヤ教指導者たちと富める支持者たちが、さまざまなハンディキャップを抱えているが故に貧しくされ、それゆえ教育を受けることができなかったために、律法を守ることができない人々をコミュニティから排除していました。 

イエス様は、「神の国が近づいた」と語りかけ、排除されていた人々に寄り添い、友となり、「神と隣人を愛し、互いに仕え合い、衣食住を分かち合うように」と人々に教えを説き、共に生きる神の国を築こうとしました。そんなイエス様の運動は民衆から支持されて、一大ムーブメントとなったのです。

  しかしイエス様は、ユダヤ教指導者たちから反感を買ってしまい、やがて十字架にかけられて殺されてしまいました。だがイエス様の運動は、イエス様の死では終わらずに、イエス様が復活されたという信仰を与えられた弟子たちによって継承され、今の時代の私たちにまで伝えられています。

  以上のイエス様の生き様と教えが、そしてイエス様は、私たちの罪のために十字架にかかってくださり、死に勝利され、復活された方であり、神様が遣わされた救い主であるという事実が、「良い知らせ」であり、私たち篠栗教会が宣べ伝えている福音なのです。

  このイエス様が語られた福音を宣べ伝え、神の国を実現するために、私たちはこれまで弱さや貧しさを抱えている方々、あるいはハンディキャップを抱え生きて来た方々を歓迎し迎え入れてきました。また私たちが成そうとしていることに共鳴し、協力してくださる方々を感謝して迎え入れてきました。

  また私たちは、富める者、強い者が勝ち、ハンディキャップを抱える弱い者は敗者となる競争社会を築き、原発を必要とする社会構造を造り、世界最強を自負する米国に擦り寄り、靖国思想を掲げ戦争を是認しようとする今の政府の動きに警鐘を鳴らし続けてきました。そして政府の方針を支持する人々の考えを聴きながら対話することを心掛けてきました。残念ながら私たちとは方向性の違う方々の考えも、退けずにじっくりと聴いて、さらに対話していくことを心掛けています。

  ですから私たち篠栗キリスト教会は、すべての方々と出会おうとしています。私たちは、このサイトに訪れてくださったすべての方々を心から歓迎いたします。

教会住所:福岡県糟屋郡篠栗町篠栗4904−1
教会電話:092−948−0534

 

聖書 新共同訳: (c)共同訳聖書実行委員会
Executive Committee of The Common Bible Translation
(c)日本聖書協会
Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988