定例集会

 主日礼拝(日曜日) .....                10時30分~12時00分

 教会学校(日曜日) .....                13時30分~14時00分(小学科)

                         11時30分~11時50分(幼小科・少年少女科・青年科・成人科・ビギナークラス)

 聖歌隊練習                    毎週土曜日10時30分~12時00分

                         毎週日曜日10時00分~10時15分

 聖書の学びと祈り会(水曜日) 午前10時30分~/午後7時30分

早天祈祷会.....        毎月1日午前  6時30分~

夕礼拝.....     毎月第一土曜日午後  7時30分~

 

 

教会学校小学科、幼稚科クラスについて

視聴学教材を用いた愛の教育

 教会学校小学科、幼稚科クラスは、毎週日曜日 9:30-10:15に行っています。小学生と幼稚園生のお子様方に、聖書のことに興味を持っていただけるように、右の写真のフランネルグラフという視聴学教材を用いて、毎回、楽しい聖書の物語を選んで学んでいます。お気軽に保護者の方もぜひご一緒に参加してみられてください。大人の方もこのクラスに子どもたちと共に集うと“愛”を説かれたイエス様の教えが記されている聖書のお話がよくお分かりになると思います。

 

子ども讃美歌を歌うことの意味と素晴らしさ

 また教会学校には、子ども讃美歌を歌う時間があります。音楽は、子どもの情操教育にとても良いと言われています。教会学校に集う子どもたちは、自然と讃美歌をこよなく愛し、口ずさむ音楽が大好きなお子様になられることでしょう。特に今年は、教会学校において季節ごとに子どもたちのためのオリジナル讃美歌を創って歌っていこうとしています。

 そして私たちは、近い将来、子ども聖歌隊を作って、市内で毎年6月に行われている超教派の讃美の集いに出場したり、篠栗町の文化祭に出場することも考えています。

 

分級ワークをすることの意図 ― コミュニケーションスキルを磨くこと                

 それから、毎回わいわいと楽しく過ごす分級ワークの時間を通して、お子様方は、お絵かきや工作が大好きになられることでしょう。そうした分級ワークの時間を通してチームワークの大切さ、隣に仲間がいることのぬくもりとありがたさ、上下関係の大切さや、言葉遣い、大人や目上の人に対する礼儀作法などを教会学校に長く通う上級生の子を見ながら、知らず知らずの内に身につけてゆくのです。

 

発達障がいのことについて

 よく子どもたちの中で起こるいじめや無視といった悲しい行為は、お子様方が慣れない学校生活での人間関係の中で、“受験”などの競争社会からくるストレスなどを原因とすることの他に、実は発達障がいなどのハンディキャップに対しての理解の不足が一因となっていることが分かってきました。

 

久山医療療育センターでのワークキャンプに参加することの意義

 ですから篠栗教会の教会学校では、年に二度(6月第二日曜日の花の日と8月の夏休み期間中に行われる久山ワークキャンプ)同じバプテストのグループである重症児者久山医療療育センターに行って、入所者の方々やご家族との交流を持ち、貴重なお話を伺う機会を持たせていただいています。重度の障がいを負って生まれたお子様を授かり、健常児以上に愛情を注いで、一生懸命育てておられるご家族の方から、子育てや介護の中での様々な苦労、苦しみ、悲しみを味わってきたのだけれど、それらを乗り越えていくために、障がい者本人と家族の一人ひとりに、しだいに知恵や工夫が与えられていったというお話をお聴きする中で、まだ私たちの住む社会には、ハンディキャップ者に対する理解や援助が圧倒的に不足していることを、私たちは毎年参加して痛感させられています。

 

教会学校ではいじめや仲間はずれはご法度

 久山ワークキャンプに参加されるお子様には、もし自分が他者より学力やコミュニケーションスキルが高いと日頃思っていたとしても、だからといって優越感を持ち、他者を見下したり、差別し、いじめたりすることは、すべてのいのちを平等に愛し、育んでおられる神様の倫理に反する大きな罪であると学びます。学力やコミュニケーション能力の高いお子様には、一方でどんなに自分と同じ努力をしても結果を出せない人たちがいるのだということを深く理解してもらい、その子どもたちへ配慮し、どうしたらその子たちと共に生きていけるかを学んでもらいます。草むしりをしたり、車椅子の押し方や、食事介助などを学ぶというやんちゃな子だったら面白くないかもしれないプログラムなのに、毎年輝く瞳で近隣教会からワークキャンプに参加してくる子どもたちと会うたびに、参加する前と後とでは、人生の価値観、生き方がまったく変わっている自分に気づき、他では決して味わうことのない感動と驚きを体験することができるこのキャンプの持つ意義深さを再認識するのです。

 こうした経験を重ねながら過ごしていく篠栗教会の教会学校では、それゆえ仲間はずれはご法度です。そういうことをすることがいかに罪深いかを全員が知っているからです。

 

全年齢層の人々が集う教会学校

 私たちの教会学校では、全年齢層の方々が集っておられます。少年少女、青年、大人とそれぞれのクラスに分かれて学ぶ教会学校では、やがて自分の能力やコミュニケーションスキルを活かし、自分の富を築くのではなく、むしろ社会貢献に生かしていく真のリーダーを輩出(篠栗教会のスタッフたちは、全員教会学校で育ち、キリスト教信仰とキリスト教教育を身につけた者たちです。)してゆきます。

 一方発達障がいを抱えておられるお子様には、平等と愛の気風の中でのびのびと育っていただいて、神様がどんな人にも必ず与えられておられるそれぞれの素晴らしい賜物を見い出し、それを伸ばしてゆくお手伝いをさせていただきます。私たちの教会には、生来の障がいを有しながらも、社会と教会で輝いて生きておられる方々が幾人もおられます。そうした信徒リーダーの姿を見て、きっと皆様が大きな刺激とチャレンジを受けられることでしょう。

 教会学校は、発達障がいを抱えたお子様が、社会で輝いて生きていく知恵と工夫を共に模索します。主イエスの「神を愛し、自分を愛し、隣人を愛せ」との基本の教えと、十字架上で自分の敵をも愛し抜いたイエス様の究極の愛を人生の指針として、この厳しい社会の現実を生き抜く知恵と工夫をご一緒に探り求めてゆきませんか。そして自分の内に新たに見い出した素晴らしい賜物を用いて、自分よりももっと弱い立場に立たされている方や、様々な病いの中におられる方々、高齢者の方々を大切にいたわっていくまごころを、しっかりとお預かりしたお子様方にお教えして参ります。

 

 さて、昨年教会学校が開いた子どもクリスマス会では、60名のお子様と保護者の方々がいらしてくださいました。そこでケーキを食べ、クリスマスツリーの飾りつけをし、楽しいゲームをし、クリスマスストーリーというオリジナル讃美歌をみんなで歌って私たちの救い主イエス様の降誕を祝いました。今年も昨年を上回る楽しいクリスマス会を行う予定です。  

 でも教会学校の楽しいプログラムは、実は一年の間に他にもたくさんあります。春は、イースター礼拝でのイースターエッグ捜し、母の日礼拝、花の日礼拝と久山医療療育センター訪問、父の日礼拝、夏は、教会での日帰りサマーキャンプ、久山ワークキャンプ、秋は、卓球大会、秋の特別集会、冬は、アドベント、イヴ・キャンドル礼拝、元旦礼拝、讃美礼拝、ミニバザーなどです。毎月第二日曜日に行われる愛餐会も、小さなお子様を持つご家族が集われたら、楽しい語らいの時となることでしょう。

 

教会学校スタッフたちの紹介

 篠栗教会の牧師は、聖書教育と牧会心理学を専門とします。また信徒のスタッフたちには、公立篠栗中学の元校長(社会科教師)、子育ての経験を持つ母親、女子大学生(工学部住居インテリア・設計学専攻)などがおります。教会学校のスタッフは、全員教会学校で育ったキリスト信仰とキリスト教教育を学んだ者たちです。

 このスタッフたちが子どもたちといろいろと楽しく遊びながら、弱き存在をいたわり、自然を守り、強くしなやかな心を養い育んだお子様となっていただけるように、大切な学びを続けております。

 

教会学校には、いつでも参加できます。

 もしお子様を送り出していただけるならば、教会でお預かりしますし、親子連れで参加していただくことも歓迎いたします。篠栗教会は、一年を通して、お子様と保護者の皆様のご来会をいつでもお待ちしております。

水曜 聖書の学びと祈り会

聖書の学びと祈り会ここをクリックしてください!は、毎週水曜日に午前の部10:30-12:00と午後の部19:30-21:00があります。

 

愛を説いたイエスが記された聖書を学ぶ楽しさ

 前半の時間は、新共同訳聖書を用いて篠栗教会週報裏表紙にある聖書日課に基づき、牧師の聖書の説き明かしを聴き、それをもとに集まった方々と共に質疑応答をしながら、一週間のそれぞれの出来事を交えながら受けた恵みを語り合います。少人数ですから、聖書の分からない箇所を初歩的なところから分かりやすく学んでゆくことができます。初めての方も牧師と一緒に学べば、少しずつ神様とイエス様のことや聖書の物語が分かるようになられます。

 

初めての方も神様に祈りをささげることができるようになります。

 後半の時間は、皆さんで週報の祈りの課題をもとにお祈りをささげます。その場であげられた祈りの課題も優先的に祈らせていただきますので、お気軽に課題をお申し出ください。特に信仰をもっと深めてゆきたい方、お祈りができるようになりたい方は、ぜひいらしてください。初めての方も、牧師がご一緒にお祈りの仕方を丁寧にお教えし、お祈りをすることができるようになります。入場は無料です。